準工業地域とは

都市計画法(9条)で「主として環境の悪化をもたらす恐れのない工業の利便を増進するため定める地域」と定義されている。 この用途地域では、建ぺい率の限度は原則として50%、60%または80%である。 また容積率の限度は100%から500%の範囲内(6種類)で都市計画で指定される。 この用途地域では次のような用途規制が行なわれている。

(建築できるもの)

  1. 住宅、共同住宅、寄宿舎、下宿、図書館
  2. 幼稚園、小学校、中学校、高校、大学、専修学校、病院、公衆浴場、老人ホーム
  3. 店舗(面積の制限なし)
  4. 事務所(面積の制限なし)
  5. 工場(面積の制限なし・ただし危険性が大きいか、または著しく環境を悪化させる恐れのある工場を除く)
  6. ホテル・旅館(面積の制限なし)
  7. ボーリング場・スケート場・ゴルフ練習場・カラオケボックス・パチンコ屋・麻雀屋等(面積の制限なし)、料理店、キャバレー
  8. 自動車教習所(面積の制限なし)
  9. 倉庫業の倉庫
(建築できないもの)
  1. 個室付き浴場
  2. 危険性が大きいか、または著しく環境を悪化させる恐れのある工場